HOME > Vantan × RUSTIC TWENTY SEVEN | ファニチャーデザインコンペ開催

RUSTIC TWENTY SEVEN とバンタンデザイン研究所によるコラボレーション企画「現代に蘇るウィンザーチェアデザイン」とした家具のデザインコンペを開催

昨年より開催してまいりました、バンタンデザイン研究所と弊社RUSTIC TWENTY SEVEN のコラボレーション企画「ファニチャーデザインコンペティション」を、今年度も開催することになり、今年度のテーマはウィンザーチェアリデザインプロジェクトに決定いたしました。現在、バンタンデザイン研究所の学生2名がそれぞれのデザインに挑戦!

2013年のファニチャーデザインコンペ優秀作品は、境悠作さんの作品に決まりました!

歴史あるウィンザーチェアを「リデザイン」するということ

今回の課題は「ウィンザーチェア リデザイン」。
ウィンザーチェアは17世紀後半のイギリス、ウィンザー地方で生まれた、庶民のために作られた椅子です。その後300年あまり、改良などを繰り返し、いつしか普遍的なデザインとなり、現代ではその完成されたフォルムに多くの人々が魅了される椅子となっています。

歴史が古く、とても奥深いウィンザーチェアに、現在家具を学ぶ若い学生の手によって新しい価値観を与え、現代のライフスタイルにマッチしたチェアとして生まれ変わらせる。とても興味深く、注目したいプロジェクトです。


参照≫ 英国ウィンザーチェア専門オンラインショップ『THE WINDSOR CHAIR SHOP』
THE WINDSOR CHAIR SHOP

概要

バンタンデザイン研究所で学ぶプロダクトデザイン科の生徒6名による家具のデザインコンペ。
家具設計に必要な知識を習得しながら、RUSTIC TWENTY SEVENへのプレゼンテーションまでの一連の工程を経験、
「ウィンザーチェア」の詳しいリサーチに取り組み、それを元に実用の可能性に重点をおいて設計を進める。

参加学生のプロフィールとプレゼンの模様

ウィンザーチェアは、はっきりとしたイメージと深い歴史のある椅子なので、まず彼らは最初のステップとしてウィンザーチェアの詳しいリサーチに取り組み、先日行われた中間プレゼンでは、彼らのコンセプトと簡単なイメージを紹介しました。
まだまだブラッシュアップが必要ですが、高いポテンシャルをそれぞれに感じ、クオリティの高いものが出来上がると期待しております。
最終プレゼンは9月を予定しております。
乞うご期待ください!

PROFILE

境 悠作 (24歳/東京都出身)
バンタンデザイン研究所プロダクトデザイン本科

好きなデザイナー・家具

フィン・ユール/マーク・ニューソン/ハンス・ウェグナー

今回のデザインコンセプト/キーワード

Blanch

一言

日本的な椅子をつくります!

PROFILE

吉田 隆樹 (23歳/埼玉県出身)
バンタンデザイン研究所プロダクトデザイン本科

好きなデザイナー・家具

Red & Blue

今回のデザインコンセプト/キーワード

一言

僕のウィンザーを見てください!

最終プレゼン

中間プレゼンの様子

協力: 協力:バンタンデザイン研究所 渋谷校

ページトップへ戻る