News

2013.1.25
「SHAKER HOUSE」をリリースいたしました。詳しくはこちら
2012.9.17
「100年後アンティークになる家」構造見学会を開催しました詳しくはこちら
2012.8.20
「100年後アンティークになる家」構造見学会開催決定!

Concept −コンセプト-

築何年ではない、「この家何歳?」といえる家をお届けしたい。

古い日本のお寺を訪れるとその建物のすばらしさに溜息がでる。木と土で作られたそれらの建築物には 柱や壁、床それぞれに歴史が刻み込まれまるで生き物のように長い時間をかけて今の現代に受け継がれています。そんな家を作りたくて私達の家つくりは始まりました。
私達RUSTIC TWENTY SEVENがお届けする「家」は、本物の天然素材を使い伝統的な日本の建築構法でお施主様とゆっくりと建てていきます。 ですので、1年に数棟しか建てることしかできません。その分お施主様と共に家つくりにしっかり向き合い、家を作っていきます。 私達は家を家族のように考えており、愛着をもって住んで頂く事を望んでいます。
例えば、家は通常「築何年?」というような呼び方をしますが、私どもの家は「この家何歳?」と呼びます。 20年経った家は、20歳。。60年経った家は、60歳。。人間でいう還暦にあたります。そうやって住む人々とともに成長していき 次の世代へと受け継がれていきます。
100年後。。。 その家はアンティークへと姿を変え、今までと同じように人々と共に暮らしに続けていく事だと思います。

「100年後アンティークになる家」はRUSTIC TWENTY SEVEN と建築家 日高保氏による共同プロジ ェクトです。