HOME > お客様の声 > お部屋の紹介(パイン家具のその後) > Vol.1

photo

パイン家具のその後

パイン家具のその後12

テーブルお届けから約3ヶ月・・

東京都世田谷区にお住まいの乙部様。
今年1月の東京青山での展示会にご来場いただき
カスタムテーブルをご購入いただきました。
テーブルのお届けから約3ヶ月。
現在のテーブルの様子を取材いたしました。

「スペースにあったテーブルサイズやデザインが選べるのがいいですね」

photo

「こんにちは~」といつも明るい乙部様の奥様。取材中も終始笑いの絶えない中で楽しく取材いたしました。 テーブルのあるダイニングは2階。階段を上ると一番に目に飛び込んできました。

ずっとダイニングに置くテーブルを探していて、ちょうどRUSTICの展示会にご来場されカスタムテーブルを購入。RUSTICを選んだ理由を伺いました。 「都内の色々なお店にも見に行ったのですが、なかなか気に入ったテーブルがなく、以前から友人に教えられてRUSTICさんのホームページをみていま した。カスタムテーブルを選んだ理由はサイズやデザインが選べるところが大きなポイントでした。」 「引き出し付にしたのは正解でした。カトラリーを入れておくのにとても便利です。もう一つつけておけばよかった。。。(笑)」

photo

「テーブルを換えて料理の盛り付けにもこだわるようになりました。」

取材中小学生になる娘さんが帰宅されさらににぎやかに・・
お子様もテーブルを大変気に入っている様子でした。
「この空間に多いときには40人ぐらい友達が集まるんです。」
「以前のテーブルはサイズも中途半端で、合板のテーブルでした。合板がはがれてプクッて膨らんでいましたね。(笑)」 無垢のパインテーブルが届いたおかげで生活も少し変化したようです。
「以前のテーブルを使っていたときはあまり盛り付けやコーディネートにはあまりこだわらなかったのですが、パインテーブルが届いて、ローソクを置いてみたり、盛り付けをお洒落にしてみたりこだわるようになりました。」

「主人が購入に乗り気だったのでびっくりしました。」

photo

約3ヶ月経ったテーブルとベンチですがどちらも程よく 傷がついていてあめ色に近づいていました。
取材の最後にご主人さまのテーブルのご感想についてお聞きしました。
「主人もテーブルの造りには納得していました。
展示会であまり関心のなかった主人がベンチも購入するといいだしたときにはびっくりしましたけど(笑)」
ご家族皆様に気に入っていただき、これからますます楽しい会話が生まれそうですね。
乙部様これからもテーブルとベンチをよろしくお願いします。

photo

取材スタッフより・・・

荒川 亜由 様 女優
東京都出身。
「家族曲線」「利家とまつ」などテレビや舞台で幅広く活躍中。
代表作品
1992年 ハムレットシンボル(舞台)
1998年 家族曲線(TBSテレビ)
1999年 午後の遺言状(舞台)



別のお宅のパイン家具のその後

ページトップへ戻る