HOME > お客様の声 > お部屋の紹介(パイン家具のその後) > Vol.12

photo

パイン家具のその後

パイン家具のその後12

都内の閑静な住宅街にある諸葛様邸・・・

お届けから2年が経つパイン家具の取材に
お伺いさせて頂きました。
2階のリビングに案内され、まず目に入るのが勾配天井と
窓の形状を活かし、シンメトリーに配置されたTVキャビネット。
クラシカルな扉形状に、RUSTIC色で統一された家具たちが
落ち着いた部屋の印象を醸し出しています。

photo

R加工の棚が特徴的なキャビネット

映画、音楽鑑賞がご趣味のご主人さまの大切な機器類がキャビネットにピッタリと納まっています。
当初、縦長のスピーカーを設置する予定で飾り棚にR加工を施したのですが、
店頭でお勧めされたのは10cm角にも満たないキュービック型のスピーカーで
こちらをお求めになりました。
スピーカーの形状は変わってしまいましたが、R加工された棚はアクセントになって
優しい雰囲気を漂わせています。

photo

アルバム専用キャビネット

部屋のコーナー部分には、アルバム専用のキャビネット。
ご主人さまは写真を撮るのもご趣味で、奥さまはアルバム整理がご趣味と息ぴったりの
お二人。ご家族の大切なアルバムがたくさん収納されていました。
アルバムサイズの収納を既製のもので探すと確かになかなかないですよね。
扉部分はピンナップボードになっています。
こうしておくと離れている家族・お友達をいつでも思い出せますね。

見た目以上の収納力のカップボード

ダイニングにあるカップボードは、窓下の高さに合わせ、引き違い扉になっています。
扉には奥様のこだわりで、ノブをつけず手かけ形状とし、いたずら防止にもなり、見た目もすっきりとした印象です。
キャビネット内、奥には鏡が貼られ、また、引き出しにはぴったりの高さのガラスや、コップが収納され、見た目以上にたくさんの食器類が
キャビネットに収納されています。是非、見習いたいアイデアですね。

photo

photo

取材スタッフより・・・

最近になってようやく家、家具ともに木が落ち着いてきたそうです。
最初の頃は家、家具共木の動く音がよくしたそうです。
木も新しい環境に馴染もうとしていたのですね。
実際に木が動いて扉の板が収縮している部分も見受けられました。
お届け後、ご主人さまご自身で扉の面材をカットされたり、
配線用の穴を欠き込まれたり・・・、
無垢の家具だからこそ、手が加えられる楽しさも拝見させて頂きました。

ご主人さま、奥さまの思いのままの家具をお届させていただくことが
でき、オーダー家具ならではの良さを私自身改めて確認させていただきました。
お忙しい中、すっかり長居させていただきありがとうございました。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。



別のお宅のパイン家具のその後

ページトップへ戻る