HOME > お客様の声 > お部屋の紹介(パイン家具のその後) > Vol.21

Vol.021 -TV board,Coffeetable-

  • 高知県のO様邸に、以前お買い上げいただいたテレビボードとコーヒーテーブルのメンテナンス取材にお伺いさせていただきました。
    広いウッドデッキのあるお宅で、ゆったりしたスローライフを楽しむかたわら、音楽やAV機器にこだわりのあるO様。メンテナンスをさせていただいたテレビボードにはアンプを収納してご使用されていました。

    お名前
    O様(高知県)
    ご訪問・撮影日
    2012年3月6日
    ご購入商品名
    テレビボード、コーヒーテーブル
    ご購入日
    2006年10月16日
  • 外観写真

オーナー様として商品を使用されてきて感じたご感想をお聞かせください。

初めてRUSTIC TWENTY SEVENで家具を購入してから約5年経つかと思いますが、毎日見ていても「デザインも色も木目もきれいやなぁ…」とホレボレします。少しずつ色が変わっていったり、傷がついていったり…。どんどん愛着が増しています。

特に気に入っている商品、またはポイントをお聞かせください。

●材質、デザイン ・・・ 美しい
●引き出し ・・・ 全く狂わない(いつも開閉がスムーズ)

  • 同じ時期にご購入いただいたコーヒーテーブル

  • 最終工程。ウエスを使って丹念に磨きあげます。
    美しくよみがえった棚板をご覧ください。

良い家具を作ってくださって、本当にありがとうございます。
一生大切に使わせていただきます。

  • 取材スタッフより

    購入してから5年間、特にメンテナンスなどはしてなかった様子でしたが、細かい傷以外の大きな割れや動きがなく、とてもいい状態でお使いいただいているなと感じました。コーヒーテーブルは、のびのびと子育てをしていらっしゃるお姿が目に浮かぶほど、お子様の落書きでにぎやかな状態でしたが(笑)、サンドペーパーでペンの跡を削り、ワックス掛けしたおかげで、ほとんどわからないくらい美しくよみがえりました。
    ウレタン塗装の家具に比べ、こうして簡単に修復できるのもオイルワックス仕上げだからですね。



別のお宅のパイン家具のその後

ページトップへ戻る