HOME > お客様の声 > お部屋の紹介(パイン家具のその後) > Vol.34

Vol.034 -Order Table-

  • 海を感じる高速道路。その先にはたまねぎ畑がひろがります。
    ひときわ目を惹く淡路瓦の洋館、野田様邸に以前お買い上げいただいたオールドパインのキッチンとドアの取材でおじゃまさせていただきました。

    お名前
    野田様(兵庫県南あわじ市)
    ご訪問・撮影日
    2012年6月3日
    ご購入商品名
    キッチン、オーダードア他
    ご購入日
    2011年5月
  • 外観写真

オーナー様として商品を使用されてきて感じたご感想をお聞かせください。

どのお品も我が家の顔として雰囲気づくり、また毎日使うものとして大活躍してくれています。
毎日目にするもの、使用するものを気に入った品を選べたこと、ラスティック様の商品にご縁があったことはとても幸せなことでした。
子どもが小さいため、汚れや傷は仕方がないことですが、無垢の木でできたものだからメンテナンスできることを知り、
汚れや傷もあまり気にならなくなりました。
我が家のドア11枚すべて色もタイプも違うドアで、仕上がりがどうなるかと思っていましたが、
同じパイン材のドアということで、違和感なくなじんでいるのも良かった事だと思っています。

特に気に入っている商品、またはポイントをお聞かせください。

■オールドパインアイランドキッチン
設置した時から独特の雰囲気がありますが、新品というピカピカ感がなく、落ち着いた雰囲気がとても気に入っています。オールドパインで作られたということで、はじめから割れやキズがいい感じであり、逆に気兼ねなく使用できています。
使い勝手はきっと最新のシステムキッチンにはかなわないと思いますが、ずっとずっと大切にしたいと思っています。

■ヴィクトリアンドア
ショールームで見て、家族満場一致で玄関からリビングに入るメインドアに決定!
すごく存在感があり、素敵です。
パインの落ち着いた木の質感と気泡の入ったガラスの組み合わせがとても気に入っています。迷いましたが、ガラスのノブにしたら雰囲気もさらにかわいくなり、みんなのお気に入りのドアになりました。




  • 活き活きと幸せそうなアイランドキッチン♪
    チェッカーガラスのコンロガードはなかなかの存在感ですね。

  • キッチン側からの眺めはこんな感じ。
    開放的で家族を見渡すことができるキッチンです。

  • 野田様邸にはさまざまなタイプのドアがあります。
    こちらはCタイプパインドアになります。

  • レストルームへ続くドアは、
    清潔感いっぱいのホワイトペイントのドアに。

  • 梁を活かした照明使いで明るさに奥行きを出しています。

  • 階段途中の小さなプレイスポットは皆のお気に入り。

  • 風通しの良いリビング。物が多すぎない所もポイントです。

  • 窓からの景色がアート。本当に絵になる窓ばかりでした。

無垢の木を使うということは、木を選ぶところから始まって、本当に手間暇をかけて丁寧に作られたのだろうな…と想像します。引き出しにもちゃんと番号があって、ここの場所に入るために作られたんだ、と思うと、引き出しひとつひとつを見るだけでもいろんな表情があってうれしくなります。
家具職人さん、ワックスをかける職人さんとプロの力がいっぱい詰まった作品なんだと感激しています。その作業の過程を間近で見たかったです。(箱職人さんの丁寧な梱包にも感謝です)

  • 取材スタッフより

    「淡路の楽園」。そんなタイトルをつけたくなる、とても素敵な野田様邸でした。笑い声とあたたかさでお迎えいただき、本当にありがとうございました。



別のお宅のパイン家具のその後

ページトップへ戻る