HOME > お客様の声 > お部屋の紹介(パイン家具のその後) > Vol.35

Vol.035 -Order Table-

  • 弊社の契約インテリアコーディネーターである夛田晴美様に出会ったのは今から5年ほど前。その頃弊社は鎌倉店の開業といった節目の年でした。その数ヶ月前に弊社とのインテリアコーディネーターの契約をした夛田様、オープンホヤホヤの鎌倉店にもお越し下さり、家具の勉強を熱心にされていたのを思い出します。
    それから3年という月日が流れ、夛田様の結婚を期に弊社の家具をお選び頂きました。 お納めしたのは、エレガントなラインが美しい「クィーンパインシリーズ」のテーブルと背もたれのついたオーダーベンチ、それにリビングで使う「ビクトリアンソファ」ならびに「コーヒーテーブル」です。

    お名前
    夛田晴美様(大阪府和泉市)
    ご訪問・撮影日
    2012年7月20日
    ご購入商品名
    テーブル、オーダーチェスト他
    ご購入日
    2010年、2012年
  • 外観写真

2年ぶりに再会する家具達。。。再会するときにいつも心ドキドキするのはなぜでしょうか?
私達の工場から生まれた家具達は、大阪という地で元気に歳月を刻んでいました。
インテリアコーディネーターという仕事がら図面を扱う機会が多い夛田様の仕事机はもっぱらこのダイニングテーブルとか。。。
「広いので図面を広げるのにとても便利」と夛田様。友人を招いてのパーティーや家族との食事などに大活躍しています。
天板もとてもいい感じに使い込まれていました。 テーブルのサイドには、特注で作ったベンチを配置。
このベンチ、子供達に大人気だとか。。その証拠に座面にくっきり落書き(いやアートとでもいおう)が描かれていました。
「この落書きも歴史の一ページになりますよね」と温かい言葉をいただきました。

  • 同じターンレッグのオーダーベンチはお子様に大人気。
    アンティークパインカラーで統一感も出しました。

  • お子様のらくがきやキズも家族の思い出に…
    あえて残すも良し、簡単なメンテで落とすこともできます。



じっくりとよいものを長く使う夛田様のライフスタイルはとても参考になることばかり。
特に物を大切に使う感性は使う人によってダメージ具合がわかるソファを見れば一目瞭然です。
弊社でも人気の「ビクトリアンソファ」は2年経った今でもクッション、カバーともとても綺麗な状態でした。
普段はご主人様が“ゴロッ”と横になるお気に入りのスペースらしく、リビングの主役にふさわしい存在感を醸し出しています。

  • 年数が経ってもへたれが少ないのは素材がしっかりしている証拠。
    それともちろん使う人の愛情も欠かせません。

  • 古い傷もすべて受け入れてこの先もずっと…
    イギリスのアンティークにもこんな感じのキズをよく見かけます。



  • 今回、子供達の為にチェストをオーダーされ、また一つパイン家具が仲間入りされた夛田様邸。また数年後に再度ご訪問する事を約束して家具達とお別れしました。 納品した家具に出会える事の喜び。そんな当たり前の事を気づかされた「パイン家具のその後」でした。



別のお宅のパイン家具のその後

ページトップへ戻る