HOME > お客様の声 > お部屋の紹介(パイン家具のその後) > Vol.42

Vol.042 -Dining Table-

  • 東京都練馬区にお住まいの須藤様のダイニングテーブルのメンテナンスと取材に訪問しました。門扉から玄関までの小路は、奥様がガーデニングを楽しんでおられここが日本であることを忘れるかのような異国の気分に浸りました。メンテナンスの際は、奥様が熱心にメモをとられていてとてもやり甲斐・話し甲斐を感じる訪問となりました。

    お名前
    須藤様(東京都練馬区)
    ご訪問・撮影日
    2014年6月9日
    ご購入商品名
    ラスティックF/Hテーブル ターンレッグ
    ご購入日
    2009年4月28日
  • 外観写真

商品をお使いになられての感想や、思い出がございましたらお聞かせください。

新築に合わせてテーブルを購入したことそのものが想い出です。このテーブルは一生もので、買い換えることはないから大切に使っていきます。
テーブルにはついつい家族の物が溜まっていくので、このメンテナンスを機に「物を置かない」ルールにします!

  • 取材スタッフより

    お届けしてから5年以上、毎日使われてきたとは思えないほどとてもキレイに使っておいででした。部分的にステインまで落ちている箇所が見受けられたので、今回は部分ステインも入れるメンテナンスとなりました。
    インテリアも多くのものがファームハウステーブルと同じ出身のような片田舎を思わせるかわいらしい小物や小道具が印象的でした。
    そして何より、こんなに大切にしていただいて家族のような存在のテーブルが誇らしくも、感謝の気持ちが尽きませんでした。



別のお宅のパイン家具のその後

ページトップへ戻る