HOME > 商品を探す > ソファ > クイーンパインヴィクトリアンソファ ファブリックorヌメ革

Queen Pine Victorian Sofa | オリジナルソファシリーズ

まるでアンティークテーブル

エレガントでありながら、洗練されたデザインに仕上げたQueen Pine シリーズの「Victorian Sofa」。奥行きを深めにとる事により、ソファの上でゆったりとくつろぐ事ができます。背クッションは、羽毛と綿が入っており固すぎず、やわらかすぎず絶妙なクッション性にこだわりました。座面には固さの違うウレタンを何層にも重ね、薄めのラインを保ちつつすわり心地の良いようデザイン。中身の見えないソファでも内部には特にこだわりました。脚はホワイトパインを使い、お好みのカラーをお選び頂けます。

発売以来ロングセラー

エレガントでありながら、洗練されたデザインに仕上げたQueen Pine シリーズの「Victorian Sofa」。奥行きを深めにとる事により、ソファの上でゆったりとくつろぐ事ができます。背クッションは、羽毛と綿が入っており固すぎず、やわらかすぎず絶妙なクッション性にこだわりました。座面には固さの違うウレタンを何層にも重ね、薄めのラインを保ちつつすわり心地の良いようデザイン。中身の見えないソファでも内部には特にこだわりました。脚はホワイトパインを使い、お好みのカラーをお選び頂けます。

サイズへのこだわり

クイーンパインヴィクトリアンソファは、3タイプのサイズがございます。
ソファの高さは日本人の体格に合わせて850mm、ゆったり深めの座り心地が特徴の奥行は、1030mmとなっています。

  • 1Pタイプ

    W960×D1030×H850×SH420mm

    お一人がけ用に最適です。

  • 2Pタイプ

    W1660×D1030×H850×SH420mm

    お一人~二人掛け用、コンパクトソファサイズにぴったりです。

  • 3Pタイプ

    W2000×D1030×H850×SH420mm

    ファミリータイプ。ご家族の多いご家庭やリビングに余裕のある方に。

お好みで選べるソファの張り地

クイーンパインシリーズのソファ張り地は、「アンティークレザー」「ヌメ革」「ファブリック(Sクラス・リネン・Aクラス・Bクラス)からお選びいただけます。 お好みの触り心地、カラーをお選びください。


 

デスクまわりのオプションアイテム

ソファと合わせて、リビングスペースにおすすめアイテムをご紹介いたします。

このページの先頭へ戻る

家具工房から

ソファ製作者が込めた思い。

「私たちのソファ作りは、座り心地とデザインにこだわります。末永く使うためにできることを一つのソファに込めています。」
クイーンパインヴィクトリアンソファの製作者である心石さんと設計の松浦さんにソファの制作に込められた思いをお聞きしました。ぜひお読みください。

作りへのこだわり

  • 「ナチュラルで地球に優しい家具づくり」

    それはすべて無垢材で家具を造る事。 今ご自宅で使っている家具をよーくみてください。裏側を見ると良く分かります。実は日本で流通している家具のほとんどが木でできていないのです。一部に木を使ってあとはすべて合板というのが常識です。RUSTIC TWENTY SEVENの職人達も以前はそういった合板の家具を造っていたそうです。でも、本当は無垢の家具を造りたい!その願いを今RUSTIC TWENTY SEVENのパイン家具の製作を通して実現しています。

  • 「丈夫につくること」

    それは家具を造る基本的なこと。 総無垢のパイン家具は一生物。その考えはイギリスのアンティークの家具を見ればわかります。 無
    垢のパイン家具は家具自体が時が経つほど、使い込むほどに風合いが増していき100年後アンティークとなり後世へと受け継がれていきます。
    ずっと使うには丈夫でなければなりません。家具を造る時時間がかかっても細部まで手を抜かない。 しっかりした頑丈な家具を造る事が私たちの家具づくりです。

  • 「やっぱり手作業がいい」

    それは家具に命を吹き込むこと。 家具の塗装は家具が家具として生まれる最終段階の一番大切なところです。
    いくら素敵なデザインの家具を造っても、塗装をおろそかにすれば家具は台無しになります。 塗装の仕上がりを左右するワックス作業は手作業で行い、ワックスを丁寧に擦り込んでいきます。やさしく愛情をたっぷり注ぎ込んで今日もまた一つ家具が出来上がっています。

  • 「終わりのない品質追求」

    総無垢の家具造りには終わりはありません。 日々改善改善の繰り返しです。このことはRUSTIC TWENTY SEVENが受注生産を基本としているところからもお分かりいただけるかと思います。 大量生産では技術改善が遅れてしまいます。家具一つを造るにしても、反らない工夫や板幅の設定、脚の取り付け方、角度など細かく検討します。 機械の進歩に職人の経験を融合さす。テーブル造りには進歩と経験が必要のようです。

このページの先頭へ戻る

木目を生かしたステイン&ワックスカラー5色+クリアホワイト1色。 そして130色以上のカラーの中から組み合わせ自由にカラーを選べる ペイント仕上げからお選びいただけます。
写真のように、それぞれ色を変えて家具を楽しむこともできます。

弊社の塗装について

弊社で使用している塗料は、ステイン&ワックス、ペイントカラーともに地球にやさしい安全な塗料を使用しています。 詳しくはカラー詳細ページをご覧くださいませ。

 カラーのご選択はこちらをご覧ください

引き出しや扉のノブは標準で木ノブがついていますが、お好みでガラスノブやアイアンの取っ手などに変更が可能です。ノブのご変更の場合は別途ノブ代を頂きます。

 選べるノブついてはこちらをご覧ください

本体、引き出し内部の全てにおいてパイン総無垢材でお作りしています。右記のホワイトパイン材とオールドパイン材からお選びいただけます。合板などでない、見えない部分まで本物の木(無垢)は、その香りでも気持ちを癒してくれます。

 木材についてはこちらをご覧ください

ずっと使っていただけるよう、作りの細かいところまでこだわり心をこめて作っています。無垢材の家具のぬくもりと手作業で作る事で宿る家具への愛情を感じていただければと思います。

職人のこだわり

見えない部分にも込められた職人のこだわりをぜひ皆様も知ってください。

  • 雇い実接ぎ

  • 蟻組み

  • 無垢の底板

  • コルクの訳

 職人のこだわりをぜひ知ってください

このページの先頭へ戻る

購入する素材とサイズを選択
カラーがお決まりの際は買い物カゴよりお進みいただき、お客様情報の入力欄の下に「4.その他」■備考欄という欄がございますので、そちらにご記入ください。カラーサンプルをご希望の場合もそちらにご記入いただけましたらお送りいたします。  
※ターンレッグのペイント料金は別途4,000円(税抜)頂戴いたします。
※こちらの商品は下記の独自基準を満たしております。

(※価格は全て税抜価格となります。)

サイズ/生地 アンティークレザー ヌメ革 Sクラス Aクラス Bクラス
1P(1人掛け W960×D1030×H850×SH420mm) 458,000円 398,000円 348,000円 214,000円 160,000円
2P(2人掛け W1660×D1030×H850×SH420mm) 618,000円 529,000円 445,000円 277,000円 248,000円
3P(3人掛け W2000×D1030×H850×SH420mm) 754,000円 660,000円 538,000円 335,000円 298,000円
肘カバー - - 33,000円 21,000円 19,000円

         

その他のオリジナルソファラインナップ

  • Rustic Sofa

  • Queenpine
    Burton Sofa

  • Queenpine
    RASTA sofa

  • Lemington Sofa

  • Queenpine Victorian
    Sofa -Antique-

サービスガイド

家具に関するご質問はこちらから

お電話から 045-717-7886 受付時間10:00~18:00(水曜定休)

ご利用ガイド

  • お支払い方法

    現金払い、銀行振込
    クレジットカード決済

  • 送料について

    配送地域と家具の大きさ(A~Gランク)によって送料が変わります。チェアは2脚で1個口となります。

  • お届けについて

    一般配送またはツーマンデリバリー(二人体制、開梱設置、梱包材引き取り)からお選びいただけます。

  • キャンセル・返品

    キャンセルの場合、段階に応じてキャンセル料を申し受けます。 お客様都合による返品に関しましてもキャンセル料を申し受けます。

  • 納期について

    現在製造が大変込み合っているため、 ご注文から約5ヶ月後のお届けとなります。

    ※ご注文状況により多少前後いたしますのでご了承下さいませ。

  • アフターケア

    保証期間は「1年間」です。
    1年を過ぎましたら有償修理となります。安心の10年間保証の「バックアップ保証」制度のご加入も可能です。

  • よくあるご質問

    専門的なご質問からちょっと気になるご質問まで、皆様からよくお寄せいただく質問、疑問にお答えいたします。

  • お手入れについて

    家具をずっと使い続けるためにメンテナンスをおすすめします。

ページトップへ戻る